実際のエントリー履歴からその思考過程とラインまで全てを公開

こんにちは!福田です。

 

今回は人気シリーズのトレード履歴とその思考過程を全て暴露するという記事にします。が!先に言っておきますが、本当に今回公開するトレード履歴は下手くそなトレードです。自分でも下手すぎて落ち込むレベルですが、僕もこの時を振り返りながら見ていきますので、是非参考にされてみてください。それでは行きましょう。

 

 

 

 

 

まず5分足を見ていきます。この5分足でエントリーをした根拠をお話ししますと、引いているラインが支えとなって相場が進んでいることを確認していました。そして、一度サポートラインにチャレンジをして少しブレイク、次は落としそうだなってことが予想できた後すぐにやはり大きくブレイクしていきました。いつものパターンなら、その一度目の戻しは大きなものになるので、その戻りを確認してから逆張りをしようと待っていました。そして、、という感じです。次は1分足を見ていきます。

 

1分足のローソク足のパターンを見てもらったら分けるのですが、振り返ってみてみる今でもその足で入るのが正解だったのかがわかりません。。一度目ではなく、次の落としが来ると読んでいたところが当たったところまでは良かったのですが、そのあと髭を上にも下にも引き出してどうしたいのか分からなく結局あげたかな、という判断をしたローソク足でエントリーをしたら綺麗に逆行しましたね。(笑)

 

このエントリーの履歴から振り返ってエントリーをしてはいけないルールを作りました。それは意識される強いラインがないときにはエントリーしないということです。波形的には他の勝っているトレード履歴とはそんなに違いがないのですが、一番の違いは意識されるラインがない。だからこそ僕なりの考えですがこれは反発とする根拠になるのがショート勢がそろそろ行きすぎだな、って思うラインくらいで、ショーターが利確するところもよく決まってないし、ロンガーが入るポイントも見つけ利にくいって感じで、綺麗に反発することもなく、、微妙な形を作っていますよね。

 

僕はこのトレードを振り返ったあとに、明確に反発の根拠となりそうなラインがないときにはいくら波形がよくてもエントリーしないということを決めました。トレードを振り返るとなんでこんなところで入ったのかって思うこともありますが、実際にお金がかかるっていうプレッシャーと時間制限の中で一つだけの思考に縛られない、っていうことが大事ですね。是非参考にしてみてください。

(バイナリーオプション初心者向け)お勧めの証券口座と実際にエントリーをやってみるまでの流れ

 

こんにちは。福田です。

 

今回は、バイナリーオプション初心者向けに記事を書きます。実際にお勧めの取引所の解説方法から実際にエントリーするまでを簡単にお教えします。それではいきましょう。

 

まず、最初にするべきは取引所の開設です。これはハイローオーストラリアと検索して取引所を作るのをお勧めします。その他にも取引所はありますが出金の制限などもろもろを考えるとハイローオーストラリアの証券口座が一番安心して使えます。身分証の提出などがありますが簡単に開設の申請が出来るのでパパっと済ませておきましょう。

 

次に、この口座開設が済んだあとです。準備するものは「MT4」と呼ばれるものです。これはいわゆるローソク足の組み合わせであるチャートが見れるものです。色々な会社が無料で提供しているのでどれでもいいと思いますが、実際に為替の取引をするわけではないのでデモ口座の申請だけで大丈夫です。そしておすすめは現在(2018年9月時点)ではFXTEという証券会社か、XMという証券会社がいいかと思います。僕はどちらも使った経験があります。

この準備が終われば次は、チャートを見ながら実際にデモ口座で取引のシュミレーションをしましょう。ハイローオーストラリアならクイックでもというところをクリックしたら誰でもすぐに取引のシュミレーションが出来ます。ただね、実際の取引とデモ口座との取引とでは約定の具合とかメンタル的な要素とか全く違うので出来るなら最初から実弾で行ってほしいですね。

 

以上のような感じでバイナリーオプションはすぐにスタートできます。どんなに上手なトレーダーもここからスタートしたわけなので後は練習あるのみです。頑張りましょう。

日給100万円を稼いだ取引履歴を全部公開!

 

こんにちは!福田です。

 

今回は日給100万円を初めて達成した時のエントリー履歴を公開してその日とその前までの日を振り返って記事を書きます。日給100万円を達成したかのように記事を見てもらって、何か参考になれればと思います。それでは行きましょう。

 

 

 

上の画像をみてください。負けていますよね、結構(笑)次のエントリーで日給100万円だ!って思った次のエントリーで負けて、その次でなんとかメンタルが崩れそうな中勝って、最後に少額のエントリーでしっかり100万円載せて、って感じです。

 

もちろん、エントリーをするタイミングってごまんとあるわけですが、実際に1日にエントリーできるタイミングが少なかったりとか、勝率が変わるのはメンタルが大きく関係していると思います。ここまでも沢山エントリーについてとか、ノウハウについてとか沢山話してきたと思います。僕も人間なので一つのことを時間をとって話すことはできても、リアルタイムの数秒の中でそれがエントリーすべきところなのかそうでないのかを判断することってそんなに簡単じゃないです。

 

一つ一つ検証しながら、頭をできるだけ冴えさせて勝負をしないとお金の取り合いの相場の中で負けてお金がとられてしまいます。出来るだけその思考だったり、その時の相場からしか読み取れないことがありますので、それ以外の要素を減らすためにバックテストとか、インジケータを使うことをお勧めします。逆に、インジケータを中心にトレードをする人はあまり上手になるには限界があると思いますね。

 

 

それまでのトレードで勝率60%程度は間違いなく出ていたのですが一回のベット金額が30万円を超えていたので負け一つの影響が大きすぎることもあり、1日一回のエントリーで疲れ果てて寝ているような状態でした。

 

この日以降、日給100万円にはずっと届かなかったですが、相場も変われば自分も変わり続け、その時の相場からしか読み取れないことを読み取るスキルを身につけ、日々鍛錬は自分から買って勉強し、トレードを何よりも楽しむ。右肩上がりでお金が増えていったわけではないですが、トレードを通じて沢山のことを学びましたし、こうやって実際に1日で100万円と言う数字を出せたことで、次なる目標を1000万円を1日に稼ごうと目標を立てることも出来ました。

 

最初は誰でも勝てないことからスタートすると思うし、努力をしていてもその努力が認められるわけでもない世界ですが続ければ間違いなく知識と経験は増えます。チャレンジ精神でどんどんん勉強する姿勢だけ忘れないようにこれからも頑張りましょう。

バイナリーオプションのバックテストで勝率をあげるためのワンポイント

 

こんにちは、福田です。

今回は、最近一番質問が多いと言ってもいいバックテストに関しての話になります。

 

バックテストがそもそも何かという問題もあると思うのですが、それは別の講義でお話ししますので割愛するとして、今回は全くさら地のチャートからノウハウを言語化するためのアドバイスです。

 

実際にインジケータだけを使ってトレードをしているのならかなり簡単にデータもとれますが、インジケータを全く使わずにデータを取るとなるとかなりの苦労がありますよね。。。実際に僕も苦労をしています。笑

 

ただ、ある程度以上のレベルでトレードをし始めると基本的にMT4に備わっているインジケータだけだと勝てないことに気づきだすと思うので、ゼロからインジケータを作ることを考えると思います。最初に備わっているインジケータって期間が直前の数本のローソク足のデータしか取れないので、その日の相場に合わせてトレード手法を変えることとかできないですし、これだけだと勝てないです。

 

だから、そんな現状から脱却しようと頑張っている方に向けて今回は記事を書いていきます。

 

答えから見つける。

 

ということを意識してみてください。これは思考法の一つなのですがかなりいいです。ほとんどのバックテストの失敗する場合って、条件コードを書き出してそのノウハウだとどのくらいの勝率が出ているのかを確認する、という形なのですが(むしろその考え方が普通に思える)実際にそのやり方でデータを取ってみると自分では思ってもいない場所にエントリーポイントが出ていたり、実際の相場でトレードをする場所とは違う場所が普通に出てきます。

 

だから、実際に勝率がある程度出すことにバックテストで成功したとしても結局実際の相場では使うことができないのであまり意味のない、バックテストの代行を依頼しても使えない、経費にできない無駄なお金になってしまいます。

 

だから、バックテストへの考え方を変えることをお勧めします。「このノウハウだと過去どのくらいの勝率が出ているのか」⇨「この形が過去に何回あってその中でこの形をしているのはどのくらいの回数があったのか」という感じにね。

 

テストという言葉にとらわれずに調べることで格段に精度が上がると思いますよ。カーブフィッティングには気をつけないといけないですが。

 

まず答えとなる形がしっかりと自分の思う形になっているのか。そのためのインジケータを作成してから、それを確定させてからその手法をテストしていきましょう。そしたらミスも少なくなりますし、僕はその形を言語化するために考えている時間が好きです。楽しいですしね(笑)

 

 

今日のまとめは、バックテストの言語化の際にワンポイントアドバイスとなること。つまり、「答えを確定させてからテストをする」という風にね。

 

ある程度テストを取っている人からしたらかなり参考になる話じゃないでしょうか?是非参考にしてください。

バイナリーオプションでバックテストを取る方向け!プライスアクションをバックテストに落とし込む方法

 

 

こんにちは、福田です。

 

最近はバックテストに関しての質問がかなり多いですが、その中でも最近ライントレードについて以上にプライスアクションに関しての質問が多いです。プライスアクションをバックテストで落とし込むにはどうしたらいいのか、またそもそもプライスアクションはバックテストに落とし込めないと思っている方も多いみたいです。

 

具体的なコードではないですが、バックテストに落とし込むためのヒントや、カーブフィッティングをしないコツをお話しします。まず、使うべきインジケータはzigzagというインジケータです。

 

これは一定期間内の高値安値を線で自動で結んでくれます。なので周期やスパンを見るときにかなりプライスアクションを明確に教えてくれるものになります。だから使っている人もかなりいるんじゃないでしょうか?

 

でも、これをそのままバックテストに落とし込んでしまうとカーブフィッティングが起こります。その理由は一定期間ないの高値安値を決めるインジケータなので高値安値のところに自動で頂点と底が行くからこそ勝率云々ではなくなるのです。

 

だから、zigzagが引いた頂点と底ではなくその頂点と底以外のところを指定してあげる必要があります。動画ではそこに関して少ししか例を出せていないですが、具体的な例をブログではしっかりと上げていきますね。

 

まず、ジグザグに数字の固定をつけること。です。これはどういうことかというと、例えばジグザグの頂点を予想するインジケータを作るのであればその前足までのzigzagの頂点と底の値幅を割合に落とし込み、その割合から予想される高値、または安値でエントリーと仮定する。そしてその点からの判定時間で勝率計算をする、ということが挙げられます。

 

色々と考えられますよね。ジグザグの頂点からそこまでのスパンが一定の比率になっている時、それを条件にしてもいいですし頂点と底の値幅を一定の条件に落とし込んでもいいです。僕の勝手な考えなのですが勝てる相場とか儲かるチャートというのは美しい形が多いです。美しいフォームから速い球、短距離のスピード、サッカーボールの飛距離、、なんでもこの世界は美しいものが強い気がしています。(全く関係ないですが・・)

 

色々とジグザグを使ってのパターンを考えてみてバックテストをしてみてください。難しい場合は代行をしていますので僕に直接LINEしてきてください。本日は以上になります。

トレード初心者必見!トレード戦略こそ、トレーダーに最重要項目である。

 

こんにちは!福田です。

 

久しぶりの投稿になりますね。今回はちょっと今までとは違った角度からお伝えしていきます。何かというと、「トレード戦略について」です。

 

トレードにおいて大事なことっていくつも上げられると思うんですが、中でも一番大事なのは僕はこの戦略だと思っています。なぜこれが大事なのか、いくつか理由を話しますね。

 

まず、勝てている人、負けている人の数から考えましょう。基本的に9割以上の人が負け続けているといわれます。この数字を僕が直接確かめたわけではないですが、色々と話を聞いたり話を聞いていると感覚的にも本当に勝てている人は1000人に一人くらいじゃないかな、と思っています。

 

抽象化しますけど、この数字でほとんどの人が負けているとすると、そのほとんどの人がしているトレード手法とか戦略を考えてみて下さい。

 

まずほとんどの人が考えてないですよね。あとはネットに転がっているインジケータを使ってる。あとか感覚でトレードしている、勝率が50%と思い込んでいる。・・・などなど。

 

簡単に思いつくことほどほとんどの人がやっているので、負けに繋がることが容易に想像できます。

 

まあ色々とご自身で考えてみても欲しいのですが、簡単に言うと”普通にトレードをすると”負けることが数字的に分かっているよ。という事をお伝えしたいです。普通じゃ、ダメなんです。

 

 

感情的、感覚、世間に落ちているインジケータ、、後は無料の配信とかも入るのかもしれないですね。

 

じゃあその正反対にいるのは何かというと、よりシステマチックにトレードをするという事です。感情とは無縁な、確率にのみ基づいてトレードをすること。僕なりの考えですが、感覚とかがトレードに生きてくるのって、何十年もトレードをしてきて利益を大きく出している人だけだと思います。そういう人の感覚とかは凄く信ぴょう性の高いものだとは思います。

 

でも僕も含めてたかだか数年のトレーダーが感覚を信じていいほど実力があるわけはないです。よりシステマチックに、確率的に勝つことをしていきましょう。

 

ステマチックにトレードをするのは僕の中で常識なのでこれをしたらいい理由とか、しないといけないデメリットとか話をするつもりはありません。システマチックにトレードをしないといけないことが前提で、そのうえでどういった戦略を取っていけばいいのか話していきます。

 

 

まず、システマチックなトレードをするために必要なのはバックテストです。(バックテストについては又触れるのと話すと長くなりすぎるので割愛します。)

 

戦略的に、自分の持っているリソースを洗い出しましょう。資金と時間、そして今ある知識もリソースです。

 

それらを使って、具体的にどういった戦略でバイナリーオプションでお金を増やすのかを考えていきます。いきなりそのお金でトレードをするのはただのギャンブルですよね。バカのきわみです。そのお金の一部を使ってバックテストを学び、勝率60%以上のノウハウを作り上げてから、少額でトレードをしてそのフォワードテストを確かめて、実弾でトレードをしていくのが王道です。

 

バックテストも、ここで勝率の高いノウハウを作れたら後はお金持ちになるのは時間の問題なので稼ぎたいと思っている人ほどお金をかけて学ぶべきですよね。

 

そうやって、自分の持っているリソースをどうやってお金に変えていくのかを具体的に決めてから、次はその通りにいくように調整をしながら行動をしていくのが一番の方法です。

 

 

僕はビジネスもトレードもすべてこのやり方で進めてきています。だから僕が日給1000万円、1億円を達成するのも時間の問題だと断言できます。今の日本では日給1億円行けば日本一のトレーダーだといわれるみたいなので、3年以内にそこに確実に達成します。見ててほしいです。

 

こうやって発信をみて下さっている皆さんも、同じく3年後には大きな成功をしていることを僕も願っています。

 

それじゃあ今回はこのくらいで。

トレーダーのメンタル管理術!行動心理学から考えるバイナリーオプションと感情の関係

 

こんばんは、福田です。

 

今回は、トレードと感情の関係について話していきますね。

 

エントリーをしてから判定時間までの時間、焦って転売をしてしまったり、エントリータイミングが遅れてしまって判定時間負けをしてしまったり、、、といった経験があるのは皆さん僕と同じだと思います。

 

トレードに感情はいらない、とよくネットとかでは書かれていますが実際感情なしにトレードなんて出来ないです。感情があるから楽しいものですし。

 

一定以上の経験を積んだ人なら、逆に直観とか、感情の動いたところが勝てる要因になっている場合もあります。だから一概に感情が敵みたいな認識を持つのは間違いなんですね。

 

今回の内容から、トレードにおける感情について分解して考えてみて下さい。

 

トレードにおける感情ってなんなの?なんだと思いますか?色んな答えがありますよね。

 

そして僕がその感情に対してどういった考え方をしているかというと、答えはない、という答えです。

 

 

色んな感情があると思いますし、何か共通したものがあると思って一時期色々と考え込んでいましたが、結局のところ人間も多種多様なのでこれといった答えはありません。でもね、ある刺激に対して、似た行動を人間は取りやすい。という事実はあります。

 

 

美味しいものを食べたらだれでもまたその食べ物を見たときにはよだれが出ます。

 

それと同じで、具体的な刺激とか、具体的な行動は分からないですがある刺激に対して似たような行動を繰り返すのが人間だという事実が分かりますよね。

 

 

だから、あまり意味が分からなくてもバックテストで数字の出たトレード手法っていうのは実際に稼げるという事実があります。

 

 

ロジックを徹底的に具体化していきましょう!

 

そうすることで、実際のエントリーをするときに考えることが極力少なくなるため遅れてエントリーをすることも無くなりますし、今日はいい日だったから勝てた。今日は気分が悪いから負けた。。みたいなよくわからないトレードをする必要もなくなります。

 

 

ビジネスをしている人には分かると思いますが、広告を掛けるときってあまりその数字がなぜ出たのか分からないことが多いです。その広告を出してすぐに購入した人もいれば、それをきっかけに1年後に購入する人もいますからね。すべてを把握することは出来ないんです。

 

広告の結果を最大化させる方法っていうのは、一定期間かけてみて、テストをしてみて、数字を上げるための施策を打ってみて、、、の繰り返しです。これって本当にトレードに似ていると僕は思います。

 

10万円分を広告に投げて結果を見てから改善をするように、まず一つのロジックに従って10万円分のトレードを行い、その結果を見てから改善をしていきます。バックテストの数字通りになっていればいいですし、バックテストから考えられる数字とはかけ離れた数字を出していたらどこかにエラーがあるのでそれを改善する必要があります。

 

一回一回のトレードにとやかく考えすぎる必要ってないんですよね。(とわいえエントリー後さがれーさがれ~~と心でつぶやいていますが(笑))

 

 

あくまでロジカルにシステマチックにトレードをしていきましょう!何かためになれば嬉しいです。