『日給100万円超え』引き籠りトレーダーのバイナリーオプション

行動心理学をもとに、バイナリーオプション専門のバックテストや思考法、ノウハウについて学べるトレーダー向けブログ

有名トレーダーの自動売買がドローダウンして、、、

f:id:kiwamiarbitrage:20190210142353j:plain

 

『有名トレーダーの自動売買がドローダウンして、かなりの大金を無くしてしまいお金が無くなりました。』といった旨の連絡を頂き、バックテストの講義に支払った金額を返金してほしいとの連絡がありました。

 

数か月前の参加者でありバックテストの講義は1か月の返金保証を付けているのですが、期限切れでの返金は難しいとの旨をその方には連絡をさせて頂きました。しかし、かなり有名なバイナリーオプションの配信者の自動売買だったらしく購入者は他にも沢山いたみたいです。

 

一時的に不安になって、結果的には気持ちも落ち着いたみたいですがお金が無くなるのは人間の心理状態にかなり深刻な影響を与えます。

 

なぜ敢えてここで、ブログにて書こうと思ったのかというと『他人のノウハウや自動売買に手を出すのは責任を覚悟したうえで。自分で勉強するのが一番安全』という事をお伝えしたいからです。

 

ネットやYouTubeで検索をすれば、大抵は勝率がありえないくらい高いシグナルツールだったり、稼いでいる風に公開しているものがほとんどです。トレードを自分でやって、負けている時などにはそういったものがとてもいいものに見えてしまいます。

 

でも、そんな時に他人のノウハウなどに手を出して致命傷を負うよりも、自分の手で努力をすることが出来れば必ず結果が出るときがきます。

 

今回の記事で、そういった人が少しでも増えたらなと思っています。

 

目次

 

自動売買では追いきれない問題の数々

僕も自動売買を作成しているのですが、自動売買は完全にシグナル通りにトレードを出来るというメリットがある反面、自分がチャートを見ている時にトレードを絶対にしないような形でもトレードをしてしまうっていうデメリットがあります。

 

ノウハウをどんなに作り上げても、カーブフィッティングの恐れだったり長期的に稼いで行けるノウハウにするためにはシンプルなノウハウにする必要などが自動売買の作成では出てきたりします。

 

これは僕が思う解決策としては、エントリー回数が少なくてもかなりシンプルかつかなり限定的なトレードを行う事。しかないと思っています。

 

自動売買で大きく稼ごうというのは間違いで、どちらかというと守りのトレード。リスクOFFの考えで行かないといけないです。自分がトレードをするのと同じくらいエントリーがある自動売買なら、自分の手で行えばいいです。

 

投資には不動産投資や、株など色々と種類がありますが、どれもリスクとリターンは比例します。リターンが大きいほどリスクは高い。

 

バイナリーオプションはその中でも一番ハイリスクハイリターンの部類にあると思います。

 

少なくても自動売買では、数か月単位で着実にお金を増やしていく、という視点をもって作成したり使うほうがいいと、僕は思います。

 

他人の自動売買やノウハウを利用する危険と注意点

自分で考えてトレードをする。これ以外トレードで上達する方法はないです。断言します。万が一、他の人のミラートレードで稼げた時があったとしても、一時的で結果的には確実に負けるときがきます。

 

ここに、僕がシグナルツールや自動売買を一般販売をしない理由があります。

 

確かにね、稼いでいる人はいますしそういった人が提供しているノウハウは稼げそうだと思ってしまいます。でもね、その人が稼いでいるのと、その人があなたを稼がせてくれるのは全く異なったスキルなんですね。

 

その人が稼いでいるのはその人にも責任がありますが、その人があなたを稼がせないといけない理由や責任はないんです。あなたが損をしてもその人が責任を取る理由もないんです。

 

販売者のゴールは、商品を買ってもらう事。購入者のスタートは商品を買うところ。ゴールの位置が全く違うということをしっかりと考えている販売者って、そうそういないんじゃないかなと思ってます。

 

本当にお客さんのことを考えるなら、自動売買とかシグナルツールは販売しないですからね。

 

まあそうはいっても、本当にいいと思う商品とかシグナルツールが出てくる可能性もあります。そういったときには、こういう事だけは最低限注意をして使っていくことをお勧めします。

 

それは、『負けてお金をすべて失っても自分の責任。それが嫌なら手を出すな』ということです。

 

今回連絡がきた方が購入した自動売買なんか、30万円程度するうえに運用する資金が必要なのでドローダウンしているとしたら最低でも50万円は失うってことになりますからね。

 

僕も昔、人のトレードに乗っかって、当時の僕からしたらかなりのお金を失った経験がありました。その時にその責任や原因を誰に追及したらいいのか考えても、誰にも出来ないんですね。

 

たとえお金が増えていたとしても自分の実力じゃないから将来的にも増え続けることは想像しにくい。結果的に絶対こうなるので、人のノウハウとか自動売買には安易に手を出さないこと。

 

どんなに自分が負けていて、先々が不安だったとしても、このことは絶対守ってほしいです。そんな不安の中でも自分でバックテストを取った結果は信じることが出来ます。

 

自分の手でチャートを一つ一つ確認して、バックテストを取ってみたり、チャートのパターン解析をして、本当の実力を積み重ねていきましょう。

 

トレードはチャートを見ながら行うのが一番いい理由

以上のことを踏まえて、トレードは自分の目で見て自分の目で見て勝てると思った形や手法に従ってトレードをしていきましょう。

 

指標時間の確認や、バックテスト、シグナルツール、自動売買では補いきれない危険なポイントの確認など、自分の目で見てトレードを出来ると安全になることが沢山あります。

 

自分でトレードをしていたら、当たり前だと思う事もシグナルツールや自動売買では細かく条件式に落としておかないといけないんです。

 

トレードでの負けを生かすことが出来るのも、自分でトレードをしたときに限ります。話したらきりがないですが、トレードは自分の手で行うことがマストです。

 

最後に

バイナリーオプションに限らず、受験だったりネットビジネスだったり全てのことに関して言える事は、自分の手で切り開くしかないという考えを最低限もっておかないといけないです。

 

どんなに自分の力がなく、人に頼りたくなってもそれは楽な道を選んでいるだけです。

 

自分が強くならないと自分も守れない、大事な人を守る力なんて付けることも出来ない。

 

自分の手法に自信がなくなったときこそ、そういった考えを思い出してください。誰もあなた以上にあなたの人生に責任を取れる人はいないです。

 

その最低限の考えが出来た上に、トレードであればバックテストや手法の検証、トレードの上達が上乗せされて結果は出てくるものだと思います。

 

苦労は買ってでもしろ、というのはあながち間違いではないです。